ハシッコばっかりメにトマル。(仮)

フリーライター・キクタヒロシのブログです。まもなく新刊がでます!

なぜ三沢光晴が死なねばならないのか!!!

今、哀しいというより腹立たしい気持ちでいっぱいです。

 

ジャイアント馬場さん亡き今、プロレス界の良心であり不言実行の親分肌・プロレスリングNOAHの三沢光晴選手が、試合中に対戦相手である齋藤彰俊選手のバックドロップを受け頭部を痛打、心配停止に陥り、病院に搬送されたものの昨夜10時10分、帰らぬ人となってしまいました。享年46歳。 

 

しかも、その試合というのが急成長中の愛弟子・潮崎選手と組んで挑んだタッグ選手権試合であって、ベルトを奪取し最前線での活躍が期待されていた矢先の事でした。三沢選手といえば受身の達人であり、そんな方が試合中の事故で亡くなってしまうなんて・・・

 

また、事故とはいえ尊敬していたであろう三沢選手を死に至らしめてしまった齋藤選手の心痛はいかばかりなものでしょうか。 

ここ数年、プロレス界では予期し得ない悲報ばかりが続いています。橋本選手しかり、小橋選手の癌しかり。なぜ、みんなから愛される素晴らしい選手ばかり大病を患ったり、死んでいかなければならないのでしょうか。 

プロレスに対して神様は悪意でも抱いているのでしょうか? 

本当にふざけるな、と言いたい。 

三沢選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。