ハシッコばっかりメにトマル。(仮)

フリーライター・キクタヒロシのブログです。初単行本『昭和のヤバいマンガ』発売中です。

境界線の子

今回も書庫から出てきた本について。

昭和40年代前半~中頃に発行されたと思われる貸本マンガ、桜井ヒロミ先生の『境界線の子シリーズ2 姫子』。

f:id:buraburablue:20160406171237j:plain

シリーズ名からして良いですね。

 

シリーズ第1巻を持っていないので断言できないのですが、多分、「人」と「人外」の境界線にいる主人公を示したシリーズ名なのかな、と思います。

基本的にはSFやファンタジー色のある少女マンガなのですが、テーマ的に人の暗部などヘビーなものを内包しており、考えさせられる点があるのが僕好み。

少女マンガ好きの方のみならずオススメしたい作品です。

広告を非表示にする