端を向いて歩こう。(仮名)

フリーライター・キクタヒロシのブログです。アメブロから引っ越してきました。

アナ、フタツ。

人間というモノは自分の力ではどうにもするコトの出来ない事態に直面したり致しますと、神や仏、人によっては宇宙人といった人智を超えた存在にすがってみたくなるようです。

 

まっ、そのテの代表格が宗教的なモノかとは存じますが、ソレよりもうちょっとライトかつ遊び感覚のモノに“おまじない”があります。 

本日ご紹介するは、そんなおまじないを扱った

f:id:buraburablue:20150930232309j:plain

人気者になれる おまじない大百科(実業之日本社/2005年初版)デス♪ 

 

本書は当時発行されていた占い・おまじないを中心記事としたティーンズの女の子向け雑誌『マイバースデイ』(現在は廃刊)編集部によるモノでして、掲載されている可愛らしいイラストからも小・中学生をターゲットとした本であるコトが伺えます。 

が、その内容っつーのが、ぶっちゃけ色恋沙汰に関するモノばっかでして、まぁミンナおませさんなのねっ、というボクの個人的感想は置いておくとしても、<告り告られ運UP>のおまじない最高峰が

f:id:buraburablue:20150930232346j:plain 

左手の手首に緑のハートを書いてバンソウコウで隠す、となっているのは使用する人間を選ぶと思います。  

深刻に思い悩んでる感じのコが左手首にバンソウコウしてたら、本のタイトルにあるような人気者になれるどころか大概の男は引きますよっ!? 

さらに<ラブ・トラブルおまじない>の項目では、  

f:id:buraburablue:20150930232427j:plain 

f:id:buraburablue:20150930232436j:plain

ライバルの足を引っ張おまじないや 

f:id:buraburablue:20150930232459j:plain

いらなくなったカレとスッキリ別れられるおまじないなどが紹介されており、ティーンズにおいても既にオンナは魔性ちゅーのを再認識させられるのですが、このヘンになると

 

“おまじない”というよりもはや“呪い”の領域 

としか思えませんので、もし使用を考えている少女がいるとしたら、老婆心ながら“人を呪わば穴二つ”というコトバを送りたい今日のボクなのでした、とさf^_^;

広告を非表示にする