ハシッコばっかりメにトマル。(仮)

フリーライター・キクタヒロシのブログです。新刊『昭和の怖い漫画 知られざる個性派怪奇マンガの世界』が発売されました!

支えているのは、ワザ。

唐突ですが、このブログを読んでくださっている方の男女比って、意外にも半々ぐらいな感じです、多分。

そんなワケですと、オトコにしか理解し得ない記事をUPした日にゃ如実にPV数に反映しちゃいまして、その翌日はランキング大幅ダウン必死な感じなのですが、それでもボクとしては書かずにはいられない事柄があります。

 

キン肉マン関連記事デス♪ 

そう、ボクらリアルタイムで“キン肉マンブーム”を体感した男性にとってソレは最早共通言語であり、女性を置き去りにしてまでも語らずにはいられないンですのよ♪

 

で、本日ご紹介するはそんな“キン肉マンブーム”の中核を担った

f:id:buraburablue:20150930180422j:plain 

キン肉マン消しゴム・通称キンケシをクローズアップしたDVD

f:id:buraburablue:20150930180444j:plain

よゐことキンケシ 濱口が有野に全418体を紹介する企画』(ビクターエンタテインメント/2008年発売)です。  

コレは<キン肉マン生誕29周年>コラボ企画としてCSで放送された特番をDVD化したもので、人気お笑いコンビ“よゐこ

f:id:buraburablue:20150930180503j:plain 

の濱口さんが相方である有野さん出演の人気番組「ゲームセンターCX」に対抗して  

有野の根の暗さが存分に出てるあの番組あるやろ?あんなんやりたいねん、俺も!」 

と思いつき、タイトル通り、延々と濱口さんがキンケシを一体一体、熱い思い入れと共にともに有野さんに紹介するという、キンケシにナンの興味も持たない有野さんにとってはただただハタ迷惑な企画であり、濱口さんと有野さんの、その熱さのギャップを楽しむというゆるゆるな仕上がりとなっております♪

 

とはいっても、キンケシは全418体という膨大な数

f:id:buraburablue:20150930180538j:plain

であり、途中から濱口さん流石に飽きてきたのかロコツにナゲヤリな感じになってゆきまして、特に映画のみに登場したキャラに全く関心が無いご様子、ヒャッパヒトカラゲな感じでほぼスルーしたりしておりますが、そんな辺りが世のマジなキン肉マニアから 

キンケシを冒涜している! 

などとお叱りを受けたりしたみたいですがΣ(゚д゚;)、ボクみたくキン肉マンという作品自体、その有り得ないぐらいのご都合主義というかテキトーさ加減を大笑いしながら楽しんでいるヤカラにとっては、かえって心地良い感じデス♪ 

さらにはこのDVD、「発表!!キンケシベストバウト 濱口による一人完全試合」なるコーナーが収録されておりまして、ソレがナニかといえば、濱口さんがキンケシを両手に持って空想世界でバトルさせる(濱口氏の実況付き)、というハタ目にはちょっとアレなモンなンですが、興が入ってくると実況する声もボソボソと小さくなり始め、完全なる独り言っぽくなってくる辺り、ボクら視聴者を置き去りにしたインナーワールドへと旅立っていかれているようで微笑ましいデス♪ 

また本DVDには初回限定特典としてオリジナルのキンケシが一体付随しているのですが、ソレというのがよゐこのお二人がテキトーに考えた超人である  

f:id:buraburablue:20150930180638j:plain

ザ・カンニン”と

 

f:id:buraburablue:20150930180652j:plain

キンケシマン”のドチラか一体であり、ボクの購入したDVDにはキンケシマンが付随していたのですが、コレってのが  

f:id:buraburablue:20150930180710j:plain 

f:id:buraburablue:20150930180724j:plain

キン肉マンのキンケシを手にもったキン肉マンのパチキャラというどーしよーもないブツ(失礼)であり、ソレをわざわざ、実際にキンケシを作っていた正体不明な伝説の職人さんに依頼して製作しているンですが、その作り込みの細かさには職人のプライドみたいなモンが感じられてステキです♪ 

ブームって、こういった職人の確かな業に支えられているんだな、という自分でも予想もしていなかった着地点にちょっとしたトマドイを隠せない今日のボクなのでした、とさ(;^_^A。