読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

端を向いて歩こう。(仮名)

フリーライター・キクタヒロシのブログです。アメブロから引っ越してきました。

どんなに時代が変わろうと、代わり映えしないもの。

マンガ

どんなに時代が変わっても、案外人間の根源的な想いというものは代わり映えしないものなのかも知れません。

そんな、いつの時代も代わらぬ若者たちの悩みや苦しみ、そして“生きる”という事を作品を通じて訴えていた故・永島慎二先生。

本日、その永島先生のイラスト集が古本屋に捨て値で置いてあったので購入してきました。 

f:id:buraburablue:20150930021105j:plain

『イラスト集 「四季」』(青心社/1982年)です。

 

ストーリーは無くとも、そこには四季折々の風景(心象的含む)と絡めて、若さゆえの

 

f:id:buraburablue:20150930021157j:plain

美しさとその儚さ、

f:id:buraburablue:20150930021220j:plain

疎外感や

f:id:buraburablue:20150930021230j:plain

閉塞感

f:id:buraburablue:20150930021243j:plain

焦燥などといった、人間ならではの姿を感じ取ることができます。

 

そして、この本にはなンと

 

f:id:buraburablue:20150930021316j:plain

永島先生直筆のイラストが描いてあったり♪しかもニャンコ&ネズ♪♪

 

ちょっと目立たないトコロに描いてあったので古本屋さんも気づかなかったご様子。じゃなきゃ¥300なンかで売らないモノ(笑)。

 

実はタダ自慢がしたいが為にこの記事を書いた、そンなタチの悪いボクなのでした、とさ♪( ´艸`)